植物名:ユーフォルビア ガビサン
科名:トウダイグサ科
属名:ユーフォルビア属
原産:日本


[サイズ]
全体の高さ:11.0cm
全体の幅 :8.0cm
鉢の高さ :7.0cm
鉢の幅  :8.0cm
皿の直径 :7.0cm

皿の素材 :真鍮


日当たり:日向
水やり :土が乾いてから数日して底穴から水が抜けるくらいたっぷりと(受け皿に水はためないように)
     冬場は1ヶ月に1回を目安に(環境によってタイミングは変わります)
置き場所:日当たりが良く、風通しの良い明るい室内、または屋外
耐寒温度:5℃〜10℃


峨眉山(ガビサン)は同種の鉄甲丸と瑠璃晃の交配種で、日本で品種改良された多肉植物です。

ゴツゴツとした親株から、
青々と茂る草のような子株をたくさんつける特徴があります。

非常に育てやすく改良された品種で、初心者の方にもお勧めです。

日当たりの良い所を好みます。明るい室内でお水はやや乾燥気味で管理します。

昔使われていた電球のソケットをそのままpotにした、
レトロでかわいいひと鉢です。並べて窓際に飾っても絵になります。


※最後の画像は複数並べたイメージです。

※鉢、受け皿付き。植物は植込み済みです。

※確実にお受け取りいただける日時をご指定ください。
再配達などで運送会社による保管期間が長引くと、植物が弱るリスクが高まります。