植物名:ギムノカリキウム
科名 :サボテン科
属名 :ギムノカリキウム属
原産 :南米


[サイズ]
全体の高さ:11.0cm
全体の幅 :13.0cm
鉢の高さ :8.5cm
鉢の幅  :12.0cm
皿の外径 :13.0cm

受け皿素材:アルミニウム


[育て方]
日当たり:日向
水やり :土が乾いてから数日して底穴から水が抜けるくらいたっぷりと(受け皿に水はためないように)
     冬場は1ヶ月に1回を目安に(環境によってタイミングは変わります)

置き場所:日当たりが良く、風通しの良い明るい室内、または屋外(夏の直射日光は避ける)

耐寒温度:0℃

瑞昌玉(ずいしょうぎょく)と呼ばれる種類で、
蜘蛛の足のようなかぎ爪のような、カールした円輪状のトゲと、
深緑で扁平な姿が特徴的です。

ギムノカリキウム属は一般に顎サボテンとも呼ばれ、
綿毛のないツルツルとした蕾・花を持ちます。

やや青みを帯びたグレイのクラックの入った浅鉢にコーディネート。
チェストやテレビ台の上で絵になるひと鉢です。


※棘があり、棘は触ると刺さり、チクチク痛みます。棘には触らないでください。棘が刺さった場合にはとげ抜きで抜きましょう。

※鉢、受け皿付き。植物は植込み済みです。

※確実にお受け取りいただける日時をご指定ください。
再配達などで運送会社による保管期間が長引くと、植物が弱るリスクが高まります。